ST式 高防錆表面処理支承 ~ST-SGN12~
■NETIS登録No : KK-050065-V(掲載期間終了)

ライフサイクルコストの縮減を目指した新しい防錆処理

【特長】
ライフサイクルコストの縮減を目指した防錆処理  
1. 『100年構想』に対応するための、SGめっき+ナイロン#12による新防錆表面処理です。
2. 一般的な防錆仕様である溶融亜鉛めっきに較べて、鋼材寿命が4~8倍にUPします。
3. 補修や交換の費用を含めたライフサイクルコストを大幅に縮減できます。
4. 特に深刻な塩害地域(日本海沿岸・沖縄県など)や溶雪剤の散布地域(北海道・積雪地方など)に対して絶大な効果を発揮します。
5. 支承に限らず、鋼材を使用する製品のほとんどに適用可能です。
【製品図】
ライフサイクルコストの縮減を目指した防錆処理
【性能比較表】
  溶融亜鉛めっきによる
防錆表面処理
ST式 高防錆表面処理
(ST-SGN12)
主たる材料 溶融亜鉛めっき SGめっき + ナイロン#12
概算耐用年数 20年~30年 80年~120年
90日間
複合サイクル
試験結果
溶融亜鉛めっきによる防錆 ライフサイクルコストの縮減を目指した防錆処理
溶融亜鉛めっきによる防錆
※赤サビが発生した
ライフサイクルコストの縮減を目指した防錆処理
※サビ無し。付着物は塩の結晶

【コスト比較表】
100年供用を考慮した場合、ライフサイクルコストの縮減が図れます。
ライフサイクルコストの縮減を目指した新しい防錆処理

【支承以外の製品への適用】
ライフサイクルコストの縮減を目指した新しい防錆処理
鋼材を使用する殆どの製品に適用可能です。


【関連製品】
  • 支承交換工事
  • ネオガードⅠ
  • ネオガードⅡ
  • HB/PBパッキン
  • ヘッド付アンカー装置

  • ST式 高防錆表面処理支承 ST-SGN12のカタログカタログダウンロード ←ゴム支承トップへ
    ←橋梁用品トップへ

    資料請求

    お問合せ