TOKYO FABRIC INDUSTRY

東京ファブリック工業株式会社

技術相談・問い合わせ

社長挨拶

ご挨拶

当社は昭和28年の創業以来、工業用ゴム製品・装置等を提供しております。道路橋梁事業、鉄道事業、クレーン事業、止水事業、建築免震事業ならびに工事事業を通じて、斯界の皆様の信頼にお応えしてまいりました。これからも、半世紀以上にわたって培った技術・ノウハウを駆使して顧客ニーズを先取りする技術提案や工法提案等により、皆様方のご期待にお応えすべく努めてまいります。
当社には創業以来から「資本は過小であっても、人材を整えて、技術的に良い製品を設計・製造・販売すれば、会社は必ず発展する」という経営理念が受け継がれております。
これを実践すべく、全国に展開しました四つの支店および九つの営業所に「受注対応力」と「技術提案力」を結集させ、各地域の顧客ニーズにお応えする体制でまいります。
今後とも、「信頼される製品を培った技術力と品質管理によって生産し、国造りに貢献する」との方針のもとに、社員一同の総合力を結束し、社会基盤の整備を通して、引き続き国造りに貢献してまいる所存です。
尚、一層のご支援・ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 清水正晴

経営理念

「テクノクラシー的経営理念」を追求し、「信頼される製品を、培った技術力と品質管理によって生産し、国造りに貢献する」という方針を実現するために、次の行動を継続実行しています。

  • ・技術的に優れた品質の高い製品を創り出すことに全力を注ぐ。
  • ・経営理念および経営方針の実現に真摯に取り組む人材を育成する。
  • ・少数精鋭、適材適所の人事管理方針を徹底する。
  • ・業務上必要な知識、技術、技能を啓発向上させ、能力優先主義を貫く。
  • ・高いマネジメント能力を有する部門管理者を養成する。

(注)「テクノクラシー的経営理念」とは、資本は過小であっても、人材を整えて、技術的に良い製品を設計・製造・販売していれば、会社は必ず発展するとした理念です。