WATERTIGHT

止水事業

TOP

事業紹介

止水事業

可とう継手

1974年に日本初の沈埋トンネル用止水継手を開発した技術をもとに、都市地下トンネル・樋門・原子力発電所・共同溝・アンダーパスなど地下構造物の可とう性止水継手を提供してきました。構造物間の不等沈下や伸縮を吸収すると同時に、高い止水性能をもっています。

可とう矢板

樋門本体と周辺地盤との相対変位を吸収する装置として可とう性止水鋼矢板を1985年に発売して以来、数多くの納入実績をもっています。可とう性・止水性・施工性に優れているとともに、高い耐久性能を発揮します。

カラー継手

樋門の継目部外周の鉄筋コンクリートカラーで囲む構造に代わるものとして、耐土圧ゴム製カラー継手を提供しています。樋門継目を外から覆うことで、土圧荷重を支えるとともに樋門相互の相対変位を吸収し、カラー付近での応力集中によるクラックを防止します。

グラウト管

樋門直下の地盤沈下状況を簡単に測定でき、経年後でも容易に調査できるだけでなく、作業の安全性も確認できるグラウト管を提供します。

弾性アンカーバー

ゴムの弾性変形能力による変位差吸収機能と、相対変位に応じた断面力の伝達機能をもつ弾性継手を提供します。