PRODUCTS

製品情報

TOP

製品情報

橋梁製品

フラットジャッキ支承(支承機能置換工法)

フラットジャッキ支承(支承機能置換工法)

特長

1.弾性ゴムの中間に、鉛直力によるゴムの膨出を抑制するための鋼板で補強された橋梁用のパッド型ゴム支承です。

 

2.橋梁の支承部で求められる基本的な機能(荷重伝達機能・変位追従機能)を有しています。

 

3.200万回圧縮疲労試験に合格した、疲労耐久性に優れた製品です。

◆特 長

フラットジャッキはその特徴的な構造から、極めて狭いスペースに設置することが可能で、大きな 力を安定した状態で作用させることができます。また、注入圧を測定することで反力を確認できます。 さまざまな構造物にフラットジャッキ単独あるいはゴム支承体との併用で広くご利用頂き以下の特 徴を有しております。

1)薄型・軽量で取り扱いが容易、構造が単純なため故障が少ない。

2)機械高さが 30mm と低いため、狭い設置空間に用いることができる。

3)連動させることにより、大きな揚力と均等揚力及び揚程量が確保できる。

4)利用範囲が広く種々の構造目的に適用される。 (用途はアイデアによって様々な場所に使用できる)

5)低価格である。 

◆構 造

1)フラットジャッキは周囲に半円形の凹みを有する2枚の薄い軟鋼板を張り合わせ、その外周円筒部 の外縁を溶接した構造です。

2)その外縁部には注入口と排出口を有し、注入口より液圧をかけるとジャ ッキの両面は互いに引き離されるように変形し揚力を発生します。

3)フラットジャッキ本体の材質は、JIS G3141 冷間圧延鋼板 SPCE(深絞り用)です。  

 

カタログ